旭工房 GALLERY



プロップレプリカ・ラビフィー・カスタムガン


● アクセス ●


 ■JR総武線各駅停車「下総中山」駅前
  
北口徒歩0分、光信ビル3階窓のラビフィーが目印!

 ■〒273-0035
  千葉県船橋市本中山2-18-9 光信ビル3F

 ■Tel:047-332-1435

 *ご訪問の際は必ず前日迄に日時をメール等でご予約下さい。
   当日ご連絡のご希望には添えない場合が御座います。





◆ Art fieldについて ◆


 
 旭工房GALLERYで始まった“Art field”“Art field”は“rabbit field”のパラレルワールドなんだよ。
 この空間がたくさんの方を幸せに出来る場所であって欲しいと、ラビフィーは願っている。
 
 旭工房はカスタムプロップガンを製作する工房として、知られてきた。カスタムというキーワードの元に
 ドールの世界でも旭工房を慕ってくださるお客さまは多い。そしてラビフィーが生まれて育っていく中で、
 今まで通りの工房だけでは旭工房ファンの皆さまの願いを受止められなくなったんだ。


 2005年夏、旭工房の窓口とラビフィーの棲家を目的としてオープンしたGALLERY。オープンしてからの
 1年半は製作に忙しく、GALLERY本来の役目が果たせずにいた。でもたくさんの期待に応える為に
 オープンしたGALLERY・・・旭工房だからこそ、旭工房でしか出来ない展示やイベントを通じて今まで
 以上に喜んで頂ける楽しい空間を作って行きたい、そんな思いを実現するべく2007年から、活動開始!

 ラビフィーの考える“Art field”では不定期的に展示や教室、テーマに沿ったゲストを招いての対談・講演
 などを楽しんで頂けるように企画していくね。興味のある企画に出合ったら、是非ご参加してみてね。
 出会いを宝物に代えていける“Art field”になるよう、がんばるです。(Art field担当:ラビフィー

◇ 第13回Art field ◇

●コミック版「ワイルド7」創設時メンバーの愛銃展示

トイガンで再現したワイルド7(原作版)創設時メンバーの愛銃の展示を行います。
製作は数多くのプロップ(小道具)ガンやカスタムモデルガンを手掛けた仲代光希です。
望月イズムの銃器の世界に迫ります。映画版「ワイルド7」とは関係御座いません。

■展示品目録

飛 葉 MGCベース「リアル飛葉ウッズマン」・旭工房オリジナル「アルティメイトウッズマン」
八 百 六研無可動樹脂モデルベース「陸式南部カスタム」
世 界 マルシンM712ベース「モーゼルC96カスタム」
オヤブン コクサイパ&MGCベース「パイソン6インチクラシックフィニッシュ&スターライトブルー」
両 国 旭工房オリジナル「クロスマン カスタム」
チャーシュー マルシンベース「ルガ―MK-Iカスタム」
ヘボピー MGCベース「ウッズマンマッチターゲット3rd.シリーズ カスタム」


完全予約制ですので、ご見学希望の方は予め、「メール」又はお電話にてお名前・携帯電話番号をご連絡下さい。


■日時
月日()〜月日()
13時〜17時(その他の時間帯はご相談下さい。ご希望に添えない場合も御座います。)

■場所:旭工房GALLERY



- イヴェント ゲスト
第13回 2011年8月 コミック版「ワイルド7メンバー」の愛銃展示
第12回 2010年8月 ラビフィーワークショップ
第11回 2009年7月 書籍「BIG SHOT〜日本映画のガン・エフェクト」
プロップガン展示/トークイヴェント&サイン会
納富貴久男、渡辺太郎、藤木義勝、手塚昌明
司会:石井信彦
第10回 2009年3月 「超星神グランセイザー」トークイベント in Asagaya/Loft A 村石宏實/赤星昇一郎/松沢蓮/石井信彦
第9回 2008年8月 鈴村展弘監督トークイベント&サイン会 鈴村展弘
第8回 2008年4月 クライムハンタープロップガン展示&トークイヴェント 大川俊道、納富貴久男/司会:石井信彦
第7回 2008年2月 トークライブ&サイン会 おぐらとしひろ
第6回 2007年10月 仲代光希ワイルドウエストの世界展 -
第5回 2007年6月 M59ドックカスタム&NMカスタム展示&対談 中村昭宏VS仲代光希
第4回 2007年5月 仲代光希プロップガンマジックの世界&対談 小林太三VSはこいりうさぎ
第3回 2007年3月 P38アンクルタイプ展示&インタビュー 手塚昌明
第2回 2007年2月 オリジナルマイラビフィーアイペイント教室&対談 品田冬樹VSはこいりうさぎ
第1回 2007年1月 ベイシティ刑事プロップ展示&対談 仲代光希VS佐田康之





〔戻る〕